司法試験に短期間で合格するには

 平成27年司法試験予備試験に大学在学中合格、平成28年司法試験に受験一発合格されたHさんの合格体験を紹介します。

平成27年司法試験予備試験大学在学中合格

平成28年司法試験合格

Hさん

司法試験の受験を決意した経緯

 私が明確に法曹を志望するようになったのは、学部2年の時に法律実務家の講義を聴講した時です。法学部に進学するときには、いまだ法律家については漠然としたイメージしかもっていませんでしたが、講義の中で弁護士をはじめとする実務家の経験談を聴いて、よりよい社会のため、そして自分の正義と信念のために働く弁護士にあこがれを抱くようになりました。この経験が私に司法試験受験の決心をさせてくれた契機だと思います。

予備試験合格までの学習状況

 私が本格的に法律の学習を始めたのは学部2年のときです。1年のときは、大学の講義を聴きながら指定された基本書を漫然と読み進めていましたが、2年に進級してからは後述のように辰已専任講師・弁護士の原孝至先生の基礎講座を受講し、約1年間で基本7法の概要を学んでいきました。講義を聴き、漫然と基本書を読む1年のころとは違い、基礎講座では早い段階から演習問題を扱い、答案の書き方の基本を身に付けていきました。当時サークル活動やアルバイトなどで時間が取れない時もあり、講義を聴いて内容を軽く復習するだけで精一杯でした。

 基礎講義の受講後は辰已の予備試験スタンダード論文答練を受講し、より本格的な演習に取り組むようになりました。受講当初は、問題に対してまともに解答を書くことができなかったですが、わからないときはその都度基本に立ち返って基礎講座のテキストを何度も参照するうちに基本的な知識は自然と身に付くようになりました。そして、どんなに問題が難しく手も足も出なくても、テキストなどを参照しながらでも欠かさずに答案だけは書くよう心がけていました。

 徐々に論文問題の答案が書けるようになると、今度は試験時間内に答案を書く練習を繰り返しました。大学のゼミやクラスの仲間と自主的にゼミを組み、時間内に解答を仕上げる訓練をし、さらに互いに添削することで法律的に間違いがないか、読みやすい文章になっているかを常に意識しながら答案を作成するようにしていました。

 短答対策としては辰已の予備試験スタンダード短答オープンの問題を何度も解きました。暗記があまり得意ではない私は、受験生の正答率を参考に重要な知識を判別し、優先的にインプットしていきました。

私がやって成功した方法

 私の勉強法は問題演習中心で特別なものはあまりありません。ですが、問題演習だけでは知識の不足を感じることがよくありました。そこで私がやっていたのは、基本的な知識をテキストなどで確認するときは索引を使わずに自力で該当箇所を探し出すことです。今自分が知りたいのはどの分野のどの範囲なのかを意識すること、そしてその周辺の知識も頭に入れることができるので、基本書やテキストなどで知識を確認する際は一度やってみるとよいと思います。

これから受験する人へのアドバイス

 私は、ロースクールを経由せずに比較的短期間で司法試験に合格しました。これは決して、私が暗記が得意だったからではないと思います。私はどちらかというと暗記はあまり得意ではないです。ではなぜか。それは、勉強開始当初から予備試験・司法試験の問題では何が求められているかを常に意識して、問題を解き解答を書くことを習慣としてきたからだと思います。司法試験の合格に直結するのは知識の量ではなく、最低限の知識を試験本番でいかに使いこなせるかという点だと思います。司法試験合格を目指す皆さんも、ぜひ知識詰込み型の勉強ではなく、試験本番を意識した問題演習中心の勉強をしてみてください。