令和4年6月2日(木)に,令和4年予備試験短答式試験の結果が発表されました。合格した受験生の皆様には,大変おめでとうございます。  現在,辰已では,予備試験論文式試験受験生の皆様のために,いくつかの情報提供を行っておりますので,本ブログにて改めて紹介させて頂きます。受験生の皆様の学習の便宜となれば幸いです。
休み時間に最終確認!刑事訴訟法の短答重要テーマ
5年連続でズバリ的中しています! 危ない重要判例速まくり&旧司・予備試験過去問からの出題予想
 辰已法律研究所では,スタンダード論文答練,司法試験全国公開模試,福田ファイナル予想答練,その他の論文対策講座において,本試験における出題予想を重視した出題をして,毎年多くのズバリ的中を出しています。もっとも,近時の判例等の調査の結果,令和4年対策の答案練習会で素材としてないものの,令和4年司法試験論文式試験の素材となり得る判例を2つ出題予想の補遺として,ご紹介させて頂きます。 なお,本ブログでは,恒例の「令和4年司法試験論文 刑事訴訟法出題大予想」を公開致します。 令和4年司法試験受験生の皆様の学習の便宜となれば幸いです。 1 憲 法 ・最判平31.2.5(判時2430-10,判タ1466-49,令和元年度重判憲法6事件) 【裁判所HP裁判例情報登載】 https://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail2?id=88381 上記の裁判所HP裁判例情報の裁判要旨には,「東京都議会議員の定数並びに選挙区及び各選挙区における議員の数に関する条例(昭和44年東京都条例第55号)が,平成29年7月2日施行の東京都議会議員一般選挙当時,島部選挙区をいわゆる特例選挙区として存置していたことは,憲法14条1項等に違反していたものとはいえない。」などと記載されています。 平等に関しては,近時,重要な最高裁判例が蓄積されており,また,出題の周期性に鑑みても,極めて出題可能性が高いテーマといえます。さらに,上記判例批評である木下和朗「判批」令和元年度重要判例解説P.18~9では,令和4年司法試験考査委員(出題委員)である宍戸常寿教授の論文(同「地方議会における一票の格差に関する覚書」高見勝利先生古稀記念『憲法の基底と憲法論』(信山社,2015)P.413)を参考文献として挙げています。 2 行政法 ・東京地判令3.8.27(特定整備路線補助第26号線事業認可取消請求事件) 【裁判所HP裁判例情報登載】 https://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail5?id=90958 上記の裁判所HP裁判例情報の判示事項には,「都市計画法21条に基づき都市計画決定を変更すべきことが明白であったといえるなどの特段の事情がないとして,都市計画事業の認可が違法であるとはいえないとされた事例」などと記載されています。 司法試験論文式試験公法系科目第2問(行政法)は,毎年のように近時の下級審裁判例を素材として出題されています。この裁判例の争点は,⑴本件訴えが適法か否か(原告適格の有無,出訴期間の徒過),⑵本件事業認可が違法か否か(手続上違法,実体上違法),⑶本件事業認可が無効か否かです。このため,本試験の出題内容である,「問題文と資料から基本的な事実関係を把握し,…法及び関係法令の関係規定の趣旨を読み解いた上で,…訴訟の…(注:訴訟要件等のこと)及び本案の違法事由について論じる力を試すものである」(平成28年司法試験論文式試験出題趣旨公法系科目第2問)に合致するといえます。とりわけ原告適格は,出題の周期性から今年出題される可能性が高いので,この裁判例を通じて判断枠組みとあてはめを習得されるとよいと思います。
 辰已法律研究所では,例年,予備試験短答式試験当日の朝に試験会場周辺で,短答式試験出題予想の冊子を配布させて頂き,毎年のように的中を出しております。しかし,今年も,新型コロナウイルス感染症に配慮し,試験当日朝に当該冊子などを配布するのを取りやめました。そこで,その代わりに,予備試験短答式試験の出題予想として,出題の周期性や判例,立法動向などの話題性に鑑み,出題可能性が高いテーマをセレクトさせて頂き,若干の参考資料を掲載させて頂きました。  令和4年予備試験受験生の皆様の学習の便宜となれば幸いです。
2022/04/22
予備試験合格「基礎集中講義」ALLFREEキャンペーン お申込みはこちら 予備試験合格への1stStep「基礎集中講義」を5/8(日)まで無料で聴き放題。 GWに予備試験合格の第一歩を踏み出そう! 全9科目の基礎知識獲得を・短時間で、効率よく ゼロから学習するかたでも理解しやすいように基本事例を素材にしたOutput型の基礎学習...
2022/04/15
辰已法律研究所の予備試験合格への1st Step「基礎集中講義」は、4月に配信開始いたしました。
2022/04/13
予備試験合格への1stStep「基礎集中講義」のサンプル授業です。 ぜひ一度お試しください。
2022/04/13
原孝至基礎講座出身の令和3年度司法試験合格者をお招きし、合格の秘訣や勉強法を伺いました。法学部3年次飛び級→ロー2年→一発合格は制度に沿った最短合格です。これから勉強を開始される方には特に参考になる動画です。
 辰已法律研究所では,毎年,本出題予想教材を予備試験論文式試験受験生の皆様に直前予想教材として適宜配布し,多くの的中実績をあげております。特に,平成23年の予備試験においては,「窃盗の被害者の占有の予想裁判例」が,また,平成25年の予備試験においては,「無断転貸」と「犯人性」がズバリ的中しております。さらに,平成29年の予備試験においては,「即時取得」が的中しております。  今年も,新型コロナウイルス感染症に配慮し,辰已法律研究所では,予備試験論文式試験1日目の朝に教材冊子などを試験会場周辺で配布することを取りやめました。そこで,「令和3年予備試験論文本試験2日目出題大予想」を下記に掲載致します。  本教材が令和3年予備試験論文式試験受験生の皆様の学習の便宜となれば幸いです。  受験生の皆様の本試験でのご健闘をお祈り申し上げます。

さらに表示する