法科大学院

■受験資格

原則、4年制大学を卒業していること(あるいは卒業見込みであること)が求められます。

■願書交付

法科大学院ごとに異なります。

■願書受付

法科大学院ごとに異なります。私立は7月から、国公立は8月から願書を受け付ける学校が多いです。

・志望理由書

多くの法科大学院で、志望理由書(「自己評価書」や「申述書(ステートメント)」とも言われます。)という自分が法科大学院進学にふさわしい人物であることを示す書類の提出が求められます。面接がある場合、志望理由書に書いた内容が問われることが多いです。

■実施日程

法科大学院ごとに異なります。私立は8月から、国公立は11月から入学試験を実施する学校が多いです。

■試験科目

 法科大学院ごとに異なります。希望する法科大学院でどのような試験が実施されるか、入試要項等で確認する必要があります。法学既修者コースでは法律科目試験を、法学未修者コースでは小論文試験または面接を実施するのが一般的です。

・法律科目試験

法学既修者コースの入学試験で実施されます。試験科目は法科大学院ごとに異なります。

参照:各大学・法科大学院WEBサイト

・小論文試験

主に法学未修者コースの入学試験で実施されます。課題文のテーマは多岐にわたりますが、専門的な知識の有無は問われません。課題文の要旨をとらえ、要約し、意見論述する能力が求められます。

・面接

法曹に適した資質を持っているかを見るためのものです。法科大学院側が求めている資質を表現できるように、準備をする必要があります。

■合格発表

法科大学院ごとに異なります。

司法試験とは
予備試験とは
法曹になるには
予備試験のメリット