司法試験

■受験資格

法科大学院修了または司法試験予備試験合格後最初の4月から5年以内

■願書交付

11月中旬~12月上旬

 

平成30年司法試験 平成29年11月10日(金)~平成29年12月 5日(火)

■願書受付

11月下旬~12月上旬

 

平成30年司法試験 平成29年11月21日(火)~平成29年12月 5日(火)

■実施日程

5月中旬の4日間(1~3日目論文式試験,4日目短答式試験)

 

平成30年司法試験 平成30年 5月16日(水),17日(木),19日(土),20日(日)

■試験科目

●論文式試験

 ・選択科目(労働法・倒産法・知的財産法・経済法・租税法・環境法・国際関係法私法系・国際関係法公法系から1科目選択)

 ・公法系(憲法・行政法)

 ・民事系(民法・商法・民事訴訟法)

 ・刑事系(刑法・刑事訴訟法)

 

●短答式試験

 ・憲法

 ・民法

 ・刑法

■出題数

●論文式試験

 ・選択科目2問

 ・公法系2問(憲法・行政法各1問)

 ・民事系3問(民法・商法・民事訴訟法各1問)

 ・刑事系2問(刑法・刑事訴訟法各1問)

 

●短答式試験

 ・憲法20問程度

 ・民法36問程度

 ・刑法20問程度

■試験時間

●論文式試験

 ・選択科目3時間

 ・公法系4時間(憲法・行政法各2時間)

 ・民事系6時間(民法・商法・民事訴訟法各2時間)

 ・刑事系4時間(刑法・刑事訴訟法各2時間)

 

●短答式試験

 ・憲法50分

 ・民法75分

 ・刑法50分

■短答式試験成績発表

6月中旬

 

平成30年司法試験 平成30年  6月 7日(木)

■合格発表

9月上旬~中旬

 

平成30年司法試験 平成30年  9月11日(火)

予備試験とは
法科大学院とは
法曹になるには
予備試験のメリット