信頼と実績で選ぶなら辰已法律研究所

司法試験対策演習講座実受講者数第1位 司法試験受験指導45年

 辰已法律研究所(たつみほうりつけんきゅうじょ)は、1973 年に司法試験受験指導機関として誕生した法律系資格試験予備校です。45 年にわたり、数多くの司法試験合格者を法曹界へと送り出してきました。司法試験対策演習講座(模擬試験、答案練習会)では業界トップシェアの実績を誇っています。

※2017年司法試験答案練習会(2016年10月~2017年4月)受講者実数第1位(辰已1,092名、他社・A社725名、B校129名)。2017年司法試験模擬試験(2017年3月~4月)受講者実数第1位(辰已2,565名、他社A社1,842名、B校140名)。数値は各社が受講生に開示した成績統計データに記載された受講生の最大値を引用した。

辰已の入門講座「司法試験 原孝至・基礎講座」

OUTPUTから始めるINPUT学習を採用

 司法試験は書面審査です。どれだけ知識量を増やしても、その知識を使いこなし、答案用紙に解答することができなければ、合格することができません。そこで、原孝至・基礎講座は、OUTPUTから始めるINPUTと呼ぶべき学習スタイルを採用。毎回の講義で、予備試験・司法試験で出題された「事例問題」を検討し(OUTPUT)、問題を解くために必要となる基本的な知識を、試験本番で使える形で身につけていきます(INPUT)。

原孝至講師による全科目一貫指導

 学習初期の段階では、試験で問われる科目の全体像を把握することがきわめて重要です。原孝至・基礎講座では、すべての科目を原講師が担当しますので、各科目の関連性に配慮された講義で効率よく学習することができます。

担当 原孝至講師

 早稲田大学法科大学院修了。新司法試験合格、新第64期司法修習修了。弁護士として様々な分野で精力的に活動しながら、辰已法律研究所の司法試験・司法試験予備試験・法科大学院入試対策講座で熱弁をふるい、受講生の支持を広げている。


コンパクトな講座設計

 法学の知識は膨大です。すべてを学習し、記憶していくのはまったく現実的ではありません。そもそも、司法試験・予備試験・法科大学院入試に合格するために、すべての範囲を学習する必要はありません。原孝至・基礎講座は、初学者が吸収できる量を意識し、本当に合格に必要なものに範囲を絞り込んだ、むだのないコンパクトな講座設計になっています。もちろん解説は丁寧に、初学者の方でも理解できるよう平易な表現を用いて行います。

全312時間

●法律学習導入講義

憲法3時間、民法6時間、刑法3時間

●本体講義

・法律基本科目

憲法30時間、民法78時間、商法33時間、民事訴訟法30時間、行政法30時間、刑法45時間、刑事訴訟法30時間

・法律実務基礎科目

民事実務基礎12時間、刑事実務基礎12時間

無料公開講義 司法試験 原孝至・基礎講座2018年 法律学習導入講義

 法律学習導入講義は、司法試験 原孝至・基礎講座のカリキュラムの一部を構成する講義で、憲法・民法・刑法の基本三法の全体像をつかんでいただくことを目的としています。これからの法律学習を進めやすくする、土台作りの講義です。無料公開講義ですので、「司法試験 原孝至基礎講座」のご受講をご検討されている方はもちろん、これから法律の学習をはじめるという方、皆様におすすめの講義です。ぜひ「はじめての法律学習」にご活用ください。

全12時間

3時間、民法6時間、刑法3時間

通信部WEBオンライン申込はこちら

通信部DVDオンライン申込はこちら